問題解決案からお店づくりをしてはいけない!体験からストーリーづくりでリピーターを増やそう!

ストーリづくりの大切さ

ファンづくりの方法は何が効果的なのか?

ファンづくりに大切なのは、そこでしか味わえない料理、そこでしか体験できない空間、そこでしか会えない人と言ったように、その店舗でしか体験できないと、ファンになって、リピーターへとつながっていきます。

ストーリーを作ることが、お店に行く理由にもつながる

そのお店にストーリーがあると、お客様にお店のことを思い出してもらいやすくなります。

「あそこの店主面白いよね~」
「森に囲まれた店に行こう!」
「あそこのレストランの雰囲気素敵だったよね~」

など、ストーリーがお客様に伝わっていると、印象にも残りやすくなります。そのお店に行く理由が生まれ、来店回数が増えていくことになります。楽しい経験がリピーターにつながるのです。

コンセプトとストーリーの関係性

コンセプトが堂々巡りになってしまう?

「お店のコンセプトを決めよう!」

と言って、中々進まないことがあります。

「誰をターゲットにしようか?」
「この立地だと、、、」
「美味しいパスタを食べてもらいたい!」
「昼主体のお店にしようか。。。」

など、いろんな視点で考えすぎて、頭がこんがらがってしまいます。そんな時にストーリーがあると、コンセプトが決めやすくなります。

ストーリーって、何?

ストーリーとは、「なぜ、そのお店が存在しているのか?」の答えです。

なぜ、その居酒屋を作ろうとしたのか?

それのどんなところが、お客様を喜ばせるのか?

お店を作ろうとした経緯を考えていくことが、ストーリーづくりなのです。

コンセプトとストーリー作りの違いって?

コンセプトは、全体を貫く基本的な概念。

ストーリー作りは、存在意義。

よくわかりませんよね。。。簡単にいいますと、

飲食店づくりにおけるコンセプトとは、「アジアンリゾートレストランにしよう!」と言ったら、店内の雰囲気も椅子も雑貨も広告もキャッチコピーも全てアジアンリゾートレストランにしていくということです。

それに対して、ストーリー作りとは、「リゾートへ行った気分を味わい、日常から離れて、ゆったり癒され、食事ができる」と言った顧客体験のことです。

「アジアンリゾートレストランにしよう!」(コンセプト)
「なぜ、そのコンセプトなんですか?」
「日常から離れて、ゆったり癒されて欲しいからです!」(ストーリーづくり )

コンセプトとストーリー作りは、このような関係性なのです。

ストーリー作りの方法

問題に対する解決案よりも先にストーリーを作る!

ストーリーづくりと言われても、考え方がわかりません。ストーリーづくりは、どのように作るのでしょうか?

「コロナで夜の飲食店が無理だから、昼の業態を考えよう!」

と議題が上がって、いろんな店を調査し、

「住宅街のテレワークしている人向けに、ランチとテイクアウトをやろう!」

このように問題に対して、解決する方法では、そのお店に特徴がなく、同じようなお店ができ始めたら、いずれ売上が下がっていきます。

考えるきっかけはなんでもいいのですが、現実的な解決策から考え始めてはいけません!!

ストーリー作りの順序

  1. そのお店が、どうして存在しているのか?
  2. お客様にどのような体験をあたえるのか?
  3. ビジネス的、実務的に可能な計画か?
  4. 実店舗完成!

この順序で考えてみましょう!

こんなお店あったらいいなーから始めよう!

リピーターは顧客体験から生まれます。

「こんなお店あったらいいなー」
「この街の人たちに、食べてもらいたいな~」
「今まで修行したこの味を体験してもらいたいな」
「楽しくて、若い人が集まれる場が必要だな」

このような抽象的な概念を考えることが、ストーリーづくりなのです。

まとめ

リピーター(ファン)は顧客体験から生まれる

そのためにはストーリーづくりが必須要件です。そのストーリづくりは次の3つのポイントを守って考えてみましょう!

1こんなお店あったらいいなーから始めよう!
2現実的な解決策から始めてはいけない!
3体験から考えよう!

 

関連記事

  1. まだ間に合う!?今から申請できるコロナ対策助成金・補助金まと…

  2. 結果から導き出す発見!店舗売上を伸ばす方法【ジョブ理論】

  3. 居酒屋でキッズルームは必要か?子供対応すべきかどうか?

  4. 新たなビジネスアイデア発見!オススメのメモアプリ

  5. 飲食店の損益計算書とCVP分析(損益分岐点)の作り方と見方

  6. アルコール離れする飲食業界のこれからを考える

飲食店デザイン研究所