女性やファミリー層向けの飲食店にぴったりのおすすめの雑貨の見つけ方

女性や子供は大好き!かわいい雑貨や小物の集客効果 

来店のきっかけは、些細なこと

手作り感のある雑貨、植物などの雰囲気を伝える小物で世界観を作り込みます。 

「かわいい!」「きれい!」などと言って写メをとったりします。特に女性の方が雰囲気を重要視することが多い傾向です。 

小さなものに比較的気づき、興味を持つ傾向もありますので、ディスプレイをする事はとても集客効果があります。 

また、キャラクターやオモチャのようなディスプレイを置くと、子供が興味を持ちます。そうすると、親御さんも釣られて興味を持つことになります。

店内に欲しいものがたくさん!お客様の家のインテリアの参考に

店頭に植物だけではなく、ちょっと錆びたジョーロやスコップ、手作り感のある鉢などに合わせて、バケツにチラシを刺します。

人の手作り感を打ち出して、アットホーム感を出します。入りやすくなり、チラシも取りやすくなります。

生活に身近なものをセンスよく飾ることで、自宅で自分でもやってみたくなります。

このように自分の好きなテイストの場合は、ファンになりやすいです。

世界観を伝えるシーンが、たくさん撮影出来る

雑貨を置くことで、「写真を撮りたい!」と思わせるポイントが多くなります。 

それにより、インスタやFacebookなどのSNSに投稿しやすくします。 

これは口コミによるお店の広告宣伝となります。 

また、ウェブサイトにこのようなシーンを載せることで、行ってみたくなる効果も生まれやすくなります。 

ディスプレイは内装予算がない時の助っ人!? 

内装予算がないときに

内装コストがあまりかけられない時は、比較的簡素化された内装になりやすいです。

そこではシンプルに空間はまとめるようにします。

その分、照明計画はより慎重にデザインする必要が出てきます。空間の質を出来る限り上げることが必要です。

その上で雑貨や小物を置くことで、見栄えがします。

建築費用>雑貨費用

建築業界と雑貨などの小売業界では、購入者のターゲットが、企業と個人での違いがあるため、コスト差もかなりあります。

建材として販売されているものは、高くなりやすいのです。

逆に空間に使える他業種の小売業界のモノは、とても安く購入しやすいということです。

殺風景なインテリアを華やかに

あなたのイメージするテイストを目指して、楽しんで飾っていくことも必要です。 

季節によってお花を変えたり、クッションの色合いを変えるのも効果的です。 

ここでのポイントは、目に入るものや大きなものから変えていくことです。 

そうすることで、より効果を発揮しやすくなります。 

かわいい雑貨や小物を一つの世界観で見せるための4つのステップ

テーマを決める

まず初めに、どんな人にどんな気持ちになってもらいたいのかをイメージしながら、テーマを決めていきます。 

フランスの地方の民家で食事をするイメージなのか、アジアンリゾートで開放的な自然の中で食事をしているのかなど、シーンを思い浮かべます。 

そのシーンが、あなたのお客様層が喜んでくれるか?これをイメージしていきます。 

ここでのポイントは、あくまでお客様のために考えるのであって、あなたの好き嫌いが一番になってはいけません。 

イメージに近い写真を探す

空間イメージや方向性が決まれば、具体的なイメージを探します。 

Googleの画像検索、Instagram、ピンタレスト、雑誌など、なんでも構いませんのでひたすら探します。 

おおよそ50枚くらい見つけていくと、自分の思い描いているものに、ズレと幅があるはずです。 そこから本当に目指すべきシーンを3つに絞ります。 そこで再度、メニューやターゲットや料金設定など見返した上で検討していきます。 

これを2~3回ほど繰り返していくと、はじめのイメージに戻ったり、全く異なる方向へ行ったりします。 

この作業こそが、最終的なブランドイメージのクオリティに大きく関係してくるのです。 

一枚の写真を見ながら雑貨を探す

選んだ写真を見ながら、その空間に合いそうな雑貨を探すのは、無作為に探すのと比べて、はるかに探しやすいはずです。 

写真は少なければ少ないほど簡単になります。1枚の写真で探す事が、一番明快な世界観を作り出しやすいはずです。 

飾る位置はお客様視点になる

雑貨自体を決めましたら、その飾る位置を決めていきます。 

お店に入った瞬間どこを見ていたか? 

席に座った時に見える位置は? 

トイレに向かう途中どこを見ていたか? 

など、飲食店内で普段行う行動をイメージします。 

必然的に置く場所が見えてきます。 

店舗に飾れるかわいい雑貨の見つけ方 

ネットで検索 

今の時代、インターネットで買い物が当たり前になってきました。 

ネットには雑貨が無数にあります。ですので、今までの流れで集めた情報を駆使して探します。 

品質は多少良し悪しがあり、リスクは高いですが、手軽に見つけることが出来ます。 

雑貨屋で探す 

実際のものを見れるのは大きいです。質感や手触り、大きさも同時に確認できるのがメリットです。 

手間がかかるため、時間に余裕がある時はいいかもしれません。 

骨董品屋に通う 

骨董品が置いてある場所には、古い価値あるものが沢山あります。 

ヴィンテージ、アンティークなど歴史感のあるお店作りのときは、かなり重宝できます。是非、一度は行ってみてください。 

雑貨メーカーを見つける 

雑貨をセレクトショップなどの雑貨店に卸しているメーカーがあります。 

継続した今後の取引がある場合や大量発注の際には、メリットが出てきます。 

取引状況により、仕入れ金額も変わってくる場合もありますので、取引条件は一度聞いてみるのがよろしいかと思います。 

個人の方では直接取引は出来ないかもしれません。 

厳選!飲食店に使いやすい雑貨購入出来る店舗やメーカー

 

時間がなく、面倒な時は探してもらおう! 

店舗設計者に頼む 

空間をデザインしている設計者は、お店のことをよく把握していますので、あまり説明なくても良い選定がされることが多いです。 

ただ、雑貨の選定は多少の好みが違うこともありますので、任せっきりにはならないように、一度は写真など見せてもらうようにしましょう。 

インテリアコーディネーターに頼む 

住宅やホテルを手掛けていることが、多いです。 

過去の実績から自分の目指すテーマと一致している人に頼みましょう。 

あなたでは、見つけられないディスプレイ提案を受けることが出来ます。 

雑貨メーカーに頼む 

気になるテイストのメーカーであれば、オススメをお願いするのもいいかもしれません。 

コストや在庫状況も一緒にわかるため、スピーディーな対応が期待できます。 

センスある友人に頼む 

親しい友人は持つべきですよね! 

コストも含めて親身になってくれることが、安心ですよね。 

ただ、意見も言いづらいかもしれませんので、特にこだわる時は避けた方が良いかもしれません。 

関連記事

  1. オープンキッチンで頼みたくなる食材やドリンクの見せ方

  2. コンビニで夕飯は買いやすいのに、なぜ飲食店でテイクアウトはし…

  3. 飲食店ソファのレザーの方法。イスが汚いとお店のイメージダウン…

  4. 【眺望-隠れ場理論】雰囲気の好き嫌いに関係なく、落ち着く空間…

  5. 新しい飲食店業態づくりのための「費用便益分析」という考え方

  6. ガラス張りにすれば、入りやすい店舗になるの?!入店率を上げる…

飲食店デザイン研究所