新しいビジネスチャンスを掴むために、日常的にすべき6つのこと

何より実行!

成長する企業は平凡なアイデアを、純粋に実行している?!

成長している外食企業のことを調べたり、経営者や社員の話を聞くと共通していることがあります。それは、自分の会社に自信を持っています。そして、誰に何を言われようと、自分たちが信じることを非凡に日々実行しています。逆に競合が新たなことをやれば、慌てて真似をしていては、会社の強みも薄れてしまいます。

実行することの大切さ、実行して見つかることもある

とにかくアイデアは、実行してみなければわかりません!たくさんアイデアを考えているだけでは、何も起こりません。よく、成功している人のニュースを見て、「あれ、俺も考えてたんだよな~」って行っている人を見ます。しかし、同じようなアイデアは、誰かが必ず見つけています。それは当然です。同じ人間で、世界中に多くの人々がいるからです。

大切なのは、そのアイデアを実行し、いち早く形にて、世に送り出した人が成功しているのです。

意識しなければ、何も見つからない

世の中には、多くのチャンスがあるが、それが見つけられていない。

この世の中には、誰にでもチャンスがあります。そして、アイデアもいろんなところに落ちています。必ずしも自分だけでアイデアを出す必要はありません。友人や同僚からヒントをもらったりしてもいいのです。しかし、意識をしていなければ、会話の中にある多くのチャンスも気づかず、そのまま流れていってしまいます。

普段から探しているから見つかる

チャンスやアイデアは、普段から意識して日常を生活しているからこそ見つかるものです。何も考えず街を歩いていては、何も見つかりません。あなたの目的を達成するシーンをイメージしているからこそ、アイデアやチャンスに気づくことができるのです。

外食のビジネスチャンスや新しいアイデアはどのように見つけるのか?

ネタ探しの視点を持って日常生活を!

アイデアやビジネスチャンスは、日常に隠されています。ですので、普段の暮らしの中から見つけることが必要です。そのためには、ネタ探しの視点や情報を持っていることが大切です。

意外な成功や失敗事例から学ぶこと

今まで実行してきた店舗で、計画中に想定していたこととオープン後では気付ける点が、たくさんあるはずです。その成功もしくは失敗事例の中から、意外だったものを書き出しておきましょう。また、他店舗の店長さんやスタッフさんとの会話で、成功や失敗したことも聞いてみましょう!

新たな知識を、常に入れること

外食関連企業や専門家との食事を定期的することで、新しい知識や情報を手に入れておきましょう!業界ならではの情報を得ることができます。

街の人口の増減などの定量データをチェック

自分の出店地域を中心に、似たような街や行ってみて気に入った街の数値的なデータを見ておきましょう!大きな変化は短期的にはおきないので、多くの街の人口増減、男女比など気になるポイントを調べておきましょう。

世の中の考え方の変化に気づくこと

日々変化する外食業界をネットニュースやSNSで、みんなの意見や印象を把握することができます。特にコロナのような社会情勢が大きく変わる時には、市場意見の方向性が掴めるはずです。

業務プロセスから感じるギャップを見つけること

店舗内でのオペレーションもそうですが、ウェブサイト更新などの広告関連、発注や請求書などの本社業務など、それぞれの業務プロセスを見たり、実行したりすることで、違和感を感じるポイントを書き出しておきましょう!

イメージした姿と現状との違い

1年後、3年後、5年後、10年後と毎年目標を立てて、企業の姿を想定していると思います。その目標と現状の違いを、常に見つめ直す時間が必要です。一度、初心に戻ることで、違った発見ができるかもしれません。

アイデアを見つけたら、実行へ

長続きしない実行力

新たなアイデアを実行に移すと、平凡な作業に置き換わっていきます。アイデアを見つけたときは、テンションがMAXに!しかし、それの実現のためには、日々の努力が必要になることが多いのです。そこでほとんどの人々が挫折をしてしまいます。

平凡なアイデアを淡々と実行できるモチベーションの保ち方

途中で実行を挫折しないためには、どうしたら良いのでしょうか?

・あなたのやることに、自信を持つこと
・達成した時のイメージを、明確に持っておくこと
・実行する時間を決めておくこと
・同僚や友人などに話して、共感を得ておくこと

これらをしっかり意識しておくことで、実行継続力が保たれることになります。

まとめ

新しいビジネスチャンスを掴むためには、見つけたら実行すること!そして次の項目を実行してみましょう!

1.意外な成功や失敗事例から学ぶこと
2.新たな知識を、常に入れること
3.街の人口の増減などの定量データをチェック
4.世の中の考え方の変化に気づくこと
5.業務プロセスから感じるギャップを見つけること
6.イメージした姿と現状との違い

これらの6つの項目に気をつけて、日常の暮らしから見つけていくことが必要です。

関連記事

  1. 夜から昼業態へシフト!なぜランチは行くのに、居酒屋にはいかな…

  2. 問題解決案からお店づくりをしてはいけない!体験からストーリー…

  3. なぜ外食産業は人手不足なのか?

  4. 融資、物件、内装のタイミングと順序で、かかるコストは異なる?…

  5. 店舗デザイン案の評価の仕方

  6. これからの日本の外食産業ではLINEがGoogle検索より、…

デザイン・設計・開業のご相談

飲食店デザイン研究所

デザイン・設計・開業のご相談