求人広告を無駄にするな!スタッフ募集で集まりやすいデザイン

デザインが求人募集に与えるポイント

オシャレな雰囲気は憧れから

お店の雰囲気は働く人のモチベーションに大きく影響を与えています。空間だけではなく、ユニフォームや食器関係、インテリア雑貨まで、自分の好きなテイストのお店では、一度は働きなくなるのです。これは、人気店やこだわりが強い空間であればあるほど、働くスタッフのステータスにもつながるからです。

女性が働きたくなる清潔感のあるお店

汚いお店では誰でも居たくないはずです。また、清掃、身だしなみなども含めたオペレーションルールを学べることは、今後の自分のノウハウに役立ちます。もし、将来的に独立しようと思ってときも、ルール化がしっかりしているお店で学んだ人のほうが、成功にも繋がりやすく、実際の飲食運営に困ることも減ります。

自分が好きなコンセプト

その外食企業でずっと働くにも、会社が目指している方向性や世界観が自分とあっているかどうか?そもそもその世界観がお店にあるのかどうか?はとても大切なポイントとなります。

創業者がなぜこのお店を作ったのか?どんな人にどのような価値を与えていきたいのか?などコンセプトが明快であれば、働く目的になります。

何を見て応募するのか?

スマホで探す

これは誰でもわかると思いますが、働こうと思ったときは必ずスマホでネット検索です。そこから考えますと、スマホの画面から得れる情報をより魅力的にすることが重要なポイントとなります。スマホ画面から伝えられることを最大化することに注力してみましょう!

街を歩いていて

働く場所は住まいの近くやよく遊びに行く場所などです。そうしますと、普段から歩いていてよく目に入るお店になる傾向は高いです。もちろん知り合いが多い所で働きなくないという需要も一定数ありますので、そうなると一度行ったことのある街や、初めてでも自分が好む雰囲気の街になります。

お店で食事をしてみて

自分が食べてみて、リピートしていたり、お気に入りのお店に応募することもあります。これは空間デザインだけではなく、料理が美味しくて、「まかないを食べれる!」といった付加価値もあった上で応募へつながります。

最終的にはインターネットで

どんな入口から求人が来たとしても、今はネット検索で周辺情報を調べます。その時に何があれば従業員応募するのか?を見ていきたいと思います。

写真を見て、瞬時に多くの情報を

やはり写真はパッと見て多くの情報が見れますので重要です。空間デザイン、働く人の雰囲気、出しているメニューが瞬時で把握できます。よく笑顔で働いている人がカメラ目線の写真を見るかと思います。これは嘘っぽく、求人のために撮影されていることがわかります。メディアに見慣れてきた若い世代には伝わってしまいます。

キャッチコピーでまずは見てもらおう!

キャッチコピー(題名)は求人募集をかける上で一番重要なポイントとなります。それはまず最初に条件や求めていることをお店側と応募するスタッフ側のタッチポイントだからです。ありきたりのキャッチコピーを載せるのではなく、ちゃんと伝えたいことを一言にする必要があります。

コンセプトはウェブサイトやSNS

最近のインスタから飲食店へ注文できるというニュースがありました。いつまで続くのかは分かりませんが、これからネット上での企業と個人との接点は変化をしていくことでしょう。その上で今後、ネット上のどのツールが主軸となるのか?を常にアンテナを張りながら、求人のスタイルも変化が必要な時代になってきています。

お店のアピールポイントを表現

一枚の写真に想いを込める撮影ポイント

メディア慣れが進んでいる人々の意識から一枚の写真で何を伝えたいのか?をよく考えなければいけない時代となっています。

一枚の写真を取るポイントとしては、

  • 何が店舗の魅力なのか?それは料理、空間、人。
  • ターゲットは正社員なのか?バイトなのか?立場によって求められているものが異なります。

「楽しく働ける仲間」「技術が学べる場」「美味しい料理を提供している店」などとテーマを絞った上で、一枚の写真に想いを込めることが大切です。

言いたいことを一言にするには?

一番大切なことをわかりやすく、具体的に伝えることがポイントです。

他の求人応募のキャッチコピー(題名)を見た上で、それとは差別化された言葉を考えましょう!それはなぜかといいますと、数多くある求人募集の中から選ばれるからです。見られても2~3秒で判断できるものでなくてはなりません。

本当に給与が一番なのか?働ける時間が重要なのか?をよく考える必要があります。この言葉で応募してくる人の属性が決まってくるからです。

動画で語りかける

動画でコンセプトを伝えている企業は増えています。画像では一つのシーンしか伝えられませんが、動画には動きと音楽も追加されより多くの情報を伝えられます。この時に注意すべきことは、時間軸の長さも重要なポイントとなります。長すぎても短すぎてもいけません。ただ求人の場合は、瞬時で判断する傾向からしますと、数十秒ほどの短めにしておくことをオススメします。

スタッフとの接点は求人広告だけではない!

求人広告のメリットは手軽さ

求人といえば、求人サイト!というくらい数多くあり、多くの人が利用しています。これのメリットは手軽さです。お金を払って、アクセス数の多いサイトに載せてもらい反応が来やすいということです。ここでの落とし穴は、手軽だからこそあまり考えずに出してしまうことです。「お金や時間の条件面さえあえば良い」と思っているのは、お店側の視点です。本当に優秀で長く働いてくれる人を探すには、欲しい人物像を明確に設定した上で、ツール(画像、コメントなど)はよく検討すればするほど、効果は上がります。

インスタやフェイスブックなどのSNS

SNSはお店の集客やブランディングのために使われています。しかし、求人にも大きな影響を与えていることも事実です。好きなお店で働けるのは、とても幸せです。インスタなどは、イメージ中心でファンを作り出すツールですので、特に女性スタッフ募集には適しています。また、お金や時間よりお店自体に魅力を感じて応募してきている人は、とても有望な人材となるはずです。

働いているスタッフの紹介は強い!

今現在働いているスタッフの友人や知り合いの紹介は安心できます。元々の人物像がわかっている点、ある程度のステータスが整っているからです。ただ、一人スタッフから多くの紹介は危険です。そのスタッフがネガティブな印象を持った時に、連鎖反応しやすいからです。リスク分散のためには、いろんなスタッフに紹介してもらいましょう!

工事中に張り出す求人広告はかなり効果的!?

工事中の現場に求人の張り紙を貼っておくのは、意外と有効です。これは現場施工者の現場監督さんや職人さんからよく聞きます。「何屋さんできるの?」「いつオープンするの?」「スタッフ募集してますか?」などが多い質問です。これは、第三者(施工者)からの紹介に近い状態となりますので、効果があるのです。是非皆さんもお店づくりのときは、やってみてください。

関連記事

  1. 売上に直結!回転率が上げるデザインとは?

  2. コロナ対策されたインテリアデザインアイデアを取り込み、機能的…

  3. 【眺望-隠れ場理論】雰囲気の好き嫌いに関係なく、落ち着く空間…

  4. パン屋開業前に人気店舗の秘密を知っておこう!

  5. 排水づまりと臭気は、コストもかかり、イメージダウンにもつなが…

  6. お洒落でユニークなソーシャルディスタンスできるアイデア集【コ…

飲食店デザイン研究所